欲しいものリスト

 明日で上半期が終わるようです。なんか上半期、下半期、って言うのも不思議な感じです。これもまぁ、キチンとした会社勤めに慣れてない証拠でしょうね。イツになったら真っ当な社会人に慣れるんでしょうか。後2ヶ月で三十路。どないやっちゅうねん。


 何はともあれ、今年下半期の欲しい物リストを書き記しておきます。いくつ手に入れられるでしょうか。


 ・Moon JB-5 Series + Heartkeのアルミコーン4発モノ

 ・NHKスペシャルVPフルセット

 ・新婚旅行費用

 ・結婚指輪

 ・英語ペラペラの脳みそ

 ・点数にするとTOEIC700点以上(受けた事無いけど)

 ・ついでに韓国語とイタリア語も

 ・化学と物理センター80点以上

 ・漢検2級以上(これも受けた事無いけど)

 ・ショパン「革命」弾けるくらいの腕前

 ・Room335コピれる腕前

 ・美味しいカレー作れる腕前

 ・ついでに魚料理も

 ・デッサン力

 ・堂々とした心臓

 ・優しい心

 ・3年後まで計算できる安定収入

 ・目先の生活費も

 ・3日ほど旅に出ても許される時間的余裕

 ・不動産に投資できる資産(1億円)

 ・エスティマ新車

 ・早稲田のマンション一室(在宅用)

 ・個人事務所

 ・秘書と言う名の愛人5人くらい

 ・企画力と営業力

 ・健康

 ・体重50Kg台体脂肪率10%以下と6つに割れた腹筋としなやかな身体

 ・根気と体力

 ・賞

 ・ひみつ

 



 お金でどうにもならんものが多すぎます。必要なお金も多すぎますけど。助けて。イヤー。オゥイェイ。

9月は祭りの血が騒ぐ

 なんかヘンな勢いがついちゃいました。


 この勢いに任せて、こんなの作っちゃいました。


 デザインは使いまわしだけど、内容は「お好きな人にはたまらない」内容にするつもりです。お好きな人、なんて世の中に僕以外ほとんどいなさそうな気もしますが。まあ、仲間探しの旅と言う事で。


 東京に出て10年もすると、心底地元の祭りが好きだったんだなぁ、と言うことを改めて痛感します。


 でもつくりもん祭りだけは好きになれないんだけど。祭囃子と法被姿が無い祭りなど祭りじゃないわ。

えっちと親孝行



 今週末は親戚宅にお邪魔したり、深夜まで居酒屋で呑んだり、友人と長電話したり、思わず 「三国志2」 を始めて深夜まで没頭したりと忙しかったです。だから仕事しろってば。


 そんな中、友人(男)と深夜、長電話をしてたらね、そりゃやっぱり、深夜ですから、それなりに大人の話になる訳ですよ。ええ、僕も20代後半、もうアダルトもいいところです。ところでアダルトってどういう意味なの?


 てな訳で、昨日の友人とは、 「いわゆる、ベッドでいい女性、ってどういうのを言うんだろうね」 「どんなのがいいエッチなんだろう?」 なんて話してました。なんだけど・・・昨日は眠くて、あまり頭が働いていませんでした。適当に相槌打ってました。ごめんね。本当はこういう話大好きなんだけど。


 という訳で、頭がすっきりしている今、もうちょっと冷静に考えてみたいと思います。はい。


 うーん、いい女性、特にベッドでいい女性か・・・これまた、僕の趣味嗜好が入ると訳が分らなくなるので、なるべく一般論で。


 これ、結構僕の中でははっきりしてるんですよね。僕の拙い経験則から言うと、親孝行な子はエッチが上手です。これ結構、断言してもいい位。男女関係なくね。



 なんと言うか、良いエッチ=良いコミュニケーション、て側面、大事だと思うんですよ。ただ 「エッチは単なるコミュニケーションだから」 なんてしたり顔で言って口説く奴は大嫌いなんですが。そんなヤラしい手を使わずに自分の魅力で勝負しろよ。基本は本能の躍動です。生殖です。それを踏まえた上でのコミュニケーションです。

 お互いに楽しんで、楽しませて、気持ちを確認しあって、て事ですから、一方的なコミュニケーションでは・・・ねぇ、あんまり・・・。あ、今は恋愛とか結婚生活とかは全く関係なく、ね、ただ純粋にベッドの中だけの話ですから。


 テクニックがどうこう、とか、モノが大きい、とか、そういうことじゃなくて、人間としての資質だと思うんですよね。セックスって。相手のことをどう思うか、どう思われたいか。

 やさしい人、とか思いやりのある人、とかって言ってしまえば簡単なんでしょうが、それじゃあまりにも抽象的じゃない。え、親孝行も抽象的だって。いやまあ、そうかもしれないけどさ。


 親孝行な子って、親から愛されてきたし、自分の中でも愛情に対してきちんと咀嚼できてるって事の表れなんだよね。ちゃんと親離れしてないと親孝行になれないわけだし。

 更に言うと、親孝行な子は躾もしっかりしてるからね。下手に感情に流されて後であーぁ、てなるような火遊びはしない。火遊びのエッチって、こう、その、あまり、楽しくないような気がするなぁ、むにゃむにゃ。


 親孝行な子は自分に愛情が足りてるし、それ故に相手の愛情を素直に受け止めます。で、躾が出来てるから礼を持って相手に愛情を返せるし。きちんとコミュニケーションが取れるんだよね。一緒にエッチしてて、楽しいと思えます。テクニックやカラダどうこうじゃなくってさ。テクニック云々は後でどうにでもなるし、カラダはそれぞれに美味しさがあるから、誰でも素敵だし。それより、満ち足りた感情の中でエッチすると、ああ、僕のことを思ってくれてるなぁ、こっちも負けないぞ、って思えるんだよね。で、相手もそう思ってるのが分るし。それが一番大事じゃないでしょうか。


 男の眼から見て (女の眼から見てもだけど)、相手と楽しいエッチができるかどうか、って、その人が親孝行かどうかで結構見極められると思いますよ。親孝行かどうかは、2~3回遊べばなんとなく分るでしょ。


 たとえばさ、相手のパンツ脱がせた後、そのまま放り投げるか、手早く二つに折ってベッドの下にそっと置くか (リズムを崩さず、さり気無くね)、こういうしぐさに相手のエッチ観がわかるじゃない。きちんと躾された子は、きちんと相手と自分を尊重し、節度を守ってかつ愛欲に集中出来ると思います。ただ愛欲に溺れるだけなのは・・・いや、まあそれもいいんだけど、翌日の活力まで奪われる感じがするよね。それは、あんまり、良くない。


 


 コミュニケーション、って前提を崩しちゃうとまた違うんだろうけどさ。でもそれ以外の楽しみ知らないし、知りたいとはあんまり思わない。ムリヤリ・・・とか、全く駄目。むしろ勃たなくなりそう。


 あぁ、何とか昨日の電話で言いたいことが言い切れた。昨日はほんと眠かったから、何にもいえなかったのよ。ごめんねM.T。




 あぁ、何かいろいろ書いてるけど、浮気してませんから。ええ、かみさん、ホントだってば。

なにわ小吉って面白かったなぁ




 へこんでる人















 __| ̄|○
















 親族のご挨拶















 __| ̄|○ ○| ̄|__















 器械体操















          __| ̄|○

       __| ̄|○__| ̄|○

     __| ̄|○__| ̄|○__| ̄|○













 体操部員の親族ご挨拶















          __| ̄|○         ○| ̄|__

       __| ̄|○__| ̄|○      ○| ̄|__○| ̄|__

     __| ̄|○__| ̄|○__| ̄|○  ○| ̄|__○| ̄|__○| ̄|__













 へこんでる人















 __| ̄|○
















 みんなでへこむ
















 __| ̄|○ __| ̄|○ __| ̄|○ __| ̄|○ __| ̄|○

















 へこむふりして、変なこと考えてる奴がいる



















 __| ̄|○ __ト ̄|○ __| ̄|○ __| ̄|○ __| ̄|○








 下品でごめん。

__| ̄|○




 先週の日曜日、大学時代の友人と2年ぶりに再会し、語らう機会がありました。


 この方がもう、とっても素敵な女性なんですよ。ええ。知性に溢れ、話術巧みで且つ容姿端麗、ロングヘアの似合う見目麗しい方なんです。ええと2日前の日記は忘れてください。あれ、嘘と言うことでどうか一つ。

 同じ教室で机を並べて勉強(え?)していた頃なんてもうドキドキしまくったものです。ウブだったんです(誰が?)。彼女に憧れ、恋心を抱いてた頃もあったなぁ・・・即、フラれたけど。今考えりゃ当たり前か。しみじみ。でも今はもう、ホント、とても良き友人です。


 僕は関東、彼女は関西在住と言うことで、一緒に卒業して以来、年1~2回位しかお会いする機会も無かったんですね。まあ今の世の中、ネットやメールがあるんですが。今回、彼女が東京に出てくるということで、僕はかみさんと一緒にご尊顔を拝してきました。2年前にかみさんを紹介してからは、かみさんとの方が彼女と仲良いみたいです。二人でV6コンサートとか行ってるし 。


 そのお方は学生時代同様、いやそれ以上に他人を無視してよくしゃべる美しくなっておりました。年を重ねるごとに美しくなるってーのは、本当にいい女性、ホンモノなんだろうね。


 今回、その女性を駅で見送った後で、「今日はありがとう。楽しかったよ。」との旨のメールをお送りしました。とはいえ、もちろんその方に見惚れたワタクシの事、当然「美しいです。惚れ惚れします。」と正直な気持ちをお伝えすることは忘れません。ええ、女性は褒め称えてナンボです。所詮男ごときが適う生き物では無いのです。男は女を養って褒め称えて最後は食われる事で本分を全うするのです。何かおかしいですか?


 正直に、スマートに、ストレートに気持ちをお伝えしましょう。メール書き書き・・・送信。




 送信した後で自分の文章を見直しました。




 (原文ママ)



相変わらず、と言うか更に美人になってたね。
惚れ惚れしますた。













 惚れ惚れしますた。













__| ̄|○ 







ちょっとカッコいい男を演出しようとして、思いっきりスカしました。ナンデコノタイミングデ2ちゃん用語・・・。

 つか普通は送信する前に見直します。





2ちゃんねる、書き込んだことはおろか、見ることもほとんど無いのに・・・あ、40ちゃんねる使ってるからか。

好みのヒト




 僕は常々「女性の好みが悪い」或いは「変な趣味をしている」「マニアック」「ストライクゾーンが偏りすぎ」「むしろストライクのルールが違う」等々のご意見をいただきます。どうも僕が好きだと思える女性は世の男性の好みからはズレているようです。まぁ、競争倍率少なくって良いんだけどね。


 うーん、そうなのかなぁ。僕は非常に真っ当な好みをしているつもりなんですが。

 例えば広末もカワイイと思いますし、矢田亜希子だって良いと思ってますよ。長谷川京子も好みです。田波涼子も…。と言っているにも関わらず、何ゆえか「マニアック好き」の称号を欲しいままにしてました。何でだよ。熟女趣味も少女趣味も何にも無いのに。


 むしろ何でも「この子も好み」「この子も好み」「この子も好み」「この子も好み」と無節操に言っているからそうなるのでしょう。だってみんな可愛い、美人と思うんだもん。


 僕は基本的にか弱い女の子が好きで、なおかつ強い女の子も好きです。で、可愛い女の子も好きですし、美人さんも大好きです。個性的な子も好きです。無口な子もおしゃべりな子も好きです。血液型で言えばA型とB型とO型とAB型が好きです。モーニング娘で言えば14人くらい、大人になったら好みに育ちそうな子が居ます(ところで今何人居るんだっけ)。やっぱり何でも良いみたいです。パソコンで言えばWindowsもMacもLinuxもTronも超漢字も全部使えと言う事です。薬で言えばパキシルもアモキサンもドグマチールもハルシオンも全部飲めと言う事です。あなたの直感と連想能力に挑戦する象印クイズヒントでピント司会の土居まさるで言えば小林阿星も千堂あきほも規介もおっかさんも全部象印賞ということです。


 やっぱり、珍味も名産品も名物もおいしいように、どんな女の子も可愛いです。「この子は可愛い」「この子は駄目」なんて選り好みするより、ずっと楽しく生きられると思います。つまり好み or die と言う事です。(by 青木さん)


 ちなみに、「輔って顔で女性を選んでないよね」て友人に言われた、とかみさんに伝えたら、かみさん激怒してました。僕別に怒ってません。


 

我が心のジョージア

 僕に何をしてもらいたいのか。僕はただのハゲではなく若ハゲだ。ただのボケではなく大歩危だ。決して地名などではない。僕がこのサイトでカミングアウトしていることは激しく真実である一方、その言葉の裏に潜む重大な真実を隠すカモフラージュとしても活用されているのだ。僕のハゲがデブであることを隠すように。ボケがブサイクを隠すように。米倉と矢田が佐藤を隠すように。


 むしろ僕は自分のボケハゲよりもジョージアのCMについて語るほうが閲覧者には喜ばれるかもしれない。顧客の要求を満たす事がビジネスの基本である。しかしながらこのサイトはビジネスではない。即ち喜ばせる必要も無い。しかし僕がジョージアのCMについて語るのもやぶさかでは無い。むしろ語る。語らせろ。


 ジョージアCMの出演者に問う。あの演技は何なのかと。あれはラップなのかと。しわくちゃっちゃは日本語なのかと。最後の米倉の白眼は何なのかと。あれは珈琲が黒色の液体という通称概念に対するアンチテーゼかと。ならば佐藤の顔面の大きさは何なのかと。あれは米倉と矢田の顔の小ささから比較して大きく見えるだけであり、即ち小泉の圧勝予想は他の勢力の矮小さを表現しておりこれからの日本の行く末を佐藤の顔面肥大で表現しているのかと。それならば佐藤の動きの鈍さは何なのかと。ボディにコクがあると動きにキレが無くなるという暗喩かと。それ即ちコクとキレは両立しないと言う珈琲飲料製作者の敗北宣言であり言い訳なのかと。然るにあの矢田の似非笑顔は何なのかと。偽物の笑顔で自らの行う演技の下らなさを隠そうと思っているのかと。しかしどんな笑顔見せても、心の中が読まれそう。大人ぶった下手な笑顔じゃ心かくせない大キライ大キライ大キライ大スキであり、ああそうさ僕はジョージアよりもボスの銀缶の方が好きなのだ。あのCMから導き出される結論はボスの銀缶であり、米倉矢田佐藤は3人とも放課後に僕の机に来なさい。ついでに浜崎も。

Respect for Hibi-no-Log

 【獅子舞】


 僕は基本的に「お祭り野郎」でして、お祭り事には目が無く、あちこちの祭りを見て回るほか、地元民として参加できる祭りにはことごとく参加してきました。


 今日は9月10日。富山県西砺波郡福岡町中央部では、獅子舞祭りの日です。


 Links to 富山の獅子はてんてこまい

 Links to 富山の獅子舞

 Links to 獅子舞奉納


 


 富山は日本でも特に獅子舞が盛んな地域でして、この人口一万人の福岡町ですら、今日だけで最低8つの獅子頭が舞っているはずです。中央部だけでこんな状態で、福岡町の他の地域(土屋や三日市)では別の日に獅子舞してます。多すぎです。1000以上の獅子舞が舞っていると言うのも、強ち嘘じゃありません。と言うより、東京に出てきて、誰も獅子舞を経験している友人が居ない事の方が僕はびっくりです。日本国民みんな参加してる事じゃなかったの?


 僕が小学二年から大学入学直前まで参加していたのは「交進会」と呼ばれる福岡町第二区獅子方若連中(青年団)のモノでした。「氷見獅子」と呼ばれる百足型の獅子と小天狗の激しい掛け合いを基調とした伝統色の強いものです。


 まずは前夜の午前2時に集まって化粧。朝7時には「宮参り」と称して八幡宮に獅子頭を通します。頭に神体をつけて貰って、それから福岡町各家を回って一件ずつ舞を披露…最後は「獅子殺し」と言われる一大イベントで大天狗が真剣と松明で獅子を退治、宮に奉納して終了…言ってみれば古来の神話に基づいた演劇と言うかRPGと言うか…天狗と獅子の一大活劇なんだよね。


 やっぱりねぇ、けんかやまの時も思ったけど、祭りは観光に使っちゃ駄目だよ。観光客目的のモノじゃないって。あくまで、地元民の祝祭であり、神社に感謝する儀式であってさ。観光客と彼らの落とす金目当てになった祭りの悲惨さったら、ねぇ…。


 話逸れました。


 そんな獅子舞から、かれこれ10年近く離れてしまいましたね。東京に出てきてから、全然地元に戻ってないし…。でも、今でも太鼓や笛、天狗や獅子頭のステップを、身体でこと細かくはっきりと覚えています。「げんばやし」や「やつ節」と呼ばれる舞方(舞の種類ね)を「今すぐ舞え」と言われたら舞える自信がある自分にびっくり。今日朝起きた瞬間に「あ、今日は獅子舞の日だ」とか思い出してるし。自分の血の中に地元の祭りが根付いている、って結構怖いものですね。


 うーむ、なんつうか、自分は祭りを楽しみに日々を生きてるんだな。しみじみ。


 今年もけんかやまは見に行った…ああ、でもだんじりは今年も見に行けないなぁ。今年後半の楽しみは新居浜太鼓祭り秩父夜祭だ。(ひとりごと)


 
 
 【僕の仕事】


  自分のための忘備録ですが。


 Links to IntroDuction




 さて問題です。

 僕の今まで経験した仕事は何でしょう?


 1・翻訳学校の講師

 2・映像ディレクター

 3・ロボット技師

 4・イベントプランナー

 5・テクニカルエバンジェリスト



 答え:全部正解



 なんか流されるまま生きてたらこうなってしまいました。無節操もいいところです。これ以外にもパソコンスクールの講師やライターや後えーと…


 人に「仕事、何やってるの?」と聞かれた時に、僕は何時も困ってしまいます。いろんな肩書きで飯食べてきましたが、どれも一人前ではないもので…なんつうか、困ってしまいます。


 そんなMyJobの一つ「音響屋」。


 僕の耳で音響屋なんて…と(自分でも)思いますが、そこはそれ。必要に応じては何でもやらないと飯が食えないもので。現在も映像/イベント関連の職場に居るもので、人手の足りない時(予算の足りない時)はビデオエンジニアや音響係、カメラマンなんかも兼任します。


 ただ大学は英米文学科卒業と言う事で、専門的なことはちーともわかってません。オンザジョブトレーニングとかで鍛えられましたが、要は体のいい使い回しで現場のゴマカシカタだけを学んできました。


 どっかで真面目に勉強したいなぁ、とも思ってたんですが、そんな時に見つけたのが上記のサイトです。入門者にもわかりやすく、結構便利です。時々会社で見ては、自分のやってる事との差を確認して修正してます。


 本当は一から学びたいと思ってるんだけどね。


 



  【アトリエ木の日】


 Links to アトリエ木の日


 知人の事務所と言う事でご紹介。


 夫婦共々存じてますが、建築家になってたんですね。確かに建築学科出身だったと思います。ちゃんと自分の目標を決めて、その通りの生活を送ってるなんて、スゴイですね。エライですね。僕と大違いです。大学卒業以来、全然音沙汰の無い方々だったので、何だかびっくりです。


 ネットって、こう言った旧知の人とつながりを再認識できるツールとしては便利ですよね。ホントに。


 とにかく、埼玉付近で建築予定のある方、一度足をお運びいただいてはどうでしょう。この方々のお人柄よく存じてますが、いい人たちですよ。ホント。