あ、間違えた。暇人(ひまじん)である。えびにんではない。

 今日は普通の月曜日。世の中はきちんと正常に廻っている。コンビニも開いている。新聞も来てる。

 昨年末までは24時間体制で僕もそういった社会の一員だった。しかも、精神的にも全くゆとりのない状態で気狂いのように仕事をしていたのが、みれにあむの到来と同時に
24時間体制のひまじんになってしまった。社会の一員じゃないとは言わないが、社会的必要度は、多分減った。(この際会社にいたときは社会的必要度があったのかどうかという議論は無視。)全くの大転換。天地逆転。どうしましょ。

 加えて六年間つきあっていた彼女とも昨年末に別れたため、ほんとーにほんとーにほんとーに「ひまじん」になってしまったのだ。
「ヒゲとボイン(By奥田民生)」を同時に両手から離してしまった感じ。精神的にも空中浮遊状態。



 窓の外を石焼きいもが通り過ぎて行く。



 「暇になると人間ろくなことをしない」とはよく言ったものだが、特にワーカホリックなおいらは
とんでもなくろくでもないことをしたくなる。しかも小心者。スケールの大きい悪事なんかは、したくても出来ません。

 カップラーメンを三種類まとめて食べて幸せを感じるとかはまだいい方で、
ライターで陰毛に点火させて遊ぶとか、ホテルでミイラをかこって(中略)とか目と臓器を(中略)とかさらには(中略)(中略)(中略)なんてことをしたくなっちゃったりする。

 まだ暇になってからの東京生活一日目だぞ。こんなんでいいのか?



 だったら仕事見つけて全うに生きろって?はい。その通りです。ごめんなさい。

 仕事してないと、えびの様に腰が低く曲がっちゃいます。蝦人、卑屈だなあ。

 それじゃ、前の会社に仕事もらいに行ってきます。では。