昨日は仕事で映画の試写会へ。


 「ロボッツ」というアニメ作品なのだが、やー、面白かったです。


 僕は最近(というかここ10年くらい)ほとんど映画を見なくなってしまいましたね。特に映像業界にちょっと足を突っ込み始めたころから。いかんいかん。映像やってるのならなおさら見なきゃいけないじゃないか、と思うのですが、残念ながら眠くなってしまうのですね。スクリーン見ると眠くなる病にかかってから、映画館なんて年に2,3度行くくらいになってしまいましたね。


 その昔、高校時代は毎週映画館に通ってました。毎週木曜日は映画の日、とか勝手に決めて、学校帰りに自転車でチャリチャリ行ってたんだよな。


 まだ富山県高岡市にも、いくつか映画館が残ってたころでしたね。東洋ローズとか大和の隣とか…それでも市内に3館か4館しかないから、2本立てで月に8本も見るともう市内の映画を全部制覇してまた次のタームを待つような状態でしたね。毎月市内の映画を全制覇、てな感じで(たまには学校サボって)行ってました。


 丁度そのころやっていたのは「トータルリコール」「三国志」「ゴースト」「メジャーリーグ」「オペラ座の怪人」…あんまりビッグネームが無いな。


 でも名作珍作奇作に関わらず、数多く見たのは今となって財産です。とにかく数多くの作品を見る、と言うのはモノを作るうえで一番大事なことと今も信じてます。無論、生きていくうえでもね。高校時代に学校サボって家で本読んだり映画見たりしてたのは、むしろ勉強するよりも今の自分の役に立ってる気がするなぁ。


 なんてことを思ったのは、今回の20世紀フォックスの試写会室が、スケールといい会場の雰囲気といい、今はつぶれた高岡の東映シネマにそっくりだったからなんだよね。150人入れば満杯の会場、あまり大きくないスクリーン、さびれ具合(試写会室なのだからさびれている訳無いのだが)…なんか高校時代を思い出してしまいました。


 で、本題の「ロボッツ」の話が全然でてきませんね。はい、ごめんなさい。