先日の日記でちょいと記載しましたが、10月14日、地元(富山県)の祖父が亡くなりました。
 享年89歳。安らかな寝顔でした。
 そのため一週の間、職場を離れて実家と祖父の家を往復しながら通夜~葬式~法要と参加して、祖父を弔って参りました。
 内容についても色々書き連ねたい事は有るのですが、まあそれはそれとして。
 ああいや別に葬儀の内容について不満があったりするわけじゃありません。
 むしろ厳かで、親類の皆様と語らいの場をゆっくりもてた一週間でありました。
 
 まあ、そんな中で、まず僕がこの一週間に思ったこと。
 お金をちゃんと稼がな。大人の男として。
 なんでまあそんな卑俗な結論に至ったかと言いますと、元来僕は冠婚葬祭をことのほか重要視しています。というか好きなのです。ちゃんとこういうものに対してきちんと向き合いたいのです。周りの皆様と礼節をもって付き合っていきたいのです。
 冠婚葬祭の知識を有し、礼節、社交のマナー、等等をきちんとできる男に成りたいのです。
 そうすると、お金が無尽蔵に必要になるのですね。どうしても。
 ぶっちゃけた話、お金がないとちゃんとマナーを保てないし、礼節を外すし、着る物にだって困るわけだし、誰かが困ったときにもヘルプする事さえできないのですよね。礼節を守るためには健康も必要だし、そのためにも自分自身に節度をもたなければいけないし、そこに対してお金を使う必要も有るのですよね。
 いや、正直、あまり僕はお金に頓着が無く、夫婦二人分の衣食住が足りていればそれ以上要らんかも、というかめんどくさい事してまで稼がんでも幸せかもわはは、なんて思っていたのですが、その気持ち自体がまだまだお子ちゃまであるのだこのたわけ者、と思い知りました。
 礼節を保ち、人ときちんと接するためには、お金は幾らあっても足りませんね。男の器量とはこう言うところで出てくるのだと思います。
 ただ仕事ができる、稼げる男が全て格好いい、とはなかなか思えません。いや負け惜しみじゃなくって。そして、稼げるというだけで格好いいと思えない理由はここにあります。礼節のために要り様の懐を常に用意しておく、そういう男こそ僕が憧れる男です。
 派手な身なりは要りませんが、ちゃんとした身なりと健康、いざと言うときの懐をもっときちんと考えなければならないと感じ入りました。はい、男33歳、まだまだお子ちゃまです。