この前、職場で「なぜ仕事するのか?」と言う非常に青臭くも根源的な質問をされて、自分の中でも気がついていなかった非常に重要な命題を発見しました。
 この問いには「なぜ働く、と言う行動をとるのか?」と言う意味と「何故この会社に属しているのか?」という両面の問いが隠されていて、その両方を満たす答えを僕は考えました。
 そのときは結構時間かけて考えたのですが、答えは簡単でした。
 その結論は「寂しがり屋さんだから」です。
 おいそこの気持ち悪い30代黙れ。と言う声が聞こえてきますが、気にしない。
 いや、消去法を使って検証していくと、こういう結果になったのよ。
 大学時代の僕を知ってる人はよくお分かりだと思いますが、根っから一人になるのが嫌で誰かと一緒じゃないと死んでしまう情けない生き物なのですよ。うさぎさんと呼べ。ちゃんと「さん」付けでな。だから年中発情期(略)。大学時代5年間(突っ込みどころではありません)の一人寝回数は多分10%未満です。友人とのオールナイトだったり、友人とのホットナイトだったり、同棲状態だったりと、とにかく何らかの形で一人時間を作らないようにしてました。強迫神経症的な部分もあったのでしょうね。それくらい一人が嫌いな時期がありました。それを仕事に求めるのはどうかとも思いますが・・・いや、逆に、仕事だからこそそれを求めているともいえます。一人黙々作業だめなんです。発狂します。僕が以前、フリーになったときに一番辛かったのはお金よりも真っ先に人の部分でした。再度フリーになったり独立を考えたりしない理由もそこにあります。(突っ込みを入れてはいけない)
 例えば…
 「もし仮に、不動産などで大ヤマを当てて大金が手に入ったら仕事をやめるか?」
 僕、辞めないんですね。多分。なぜなら、お金あっても一人で家に居ると満たされないのです。親指の爪を噛みながら流し目になります。お金だけでは満足できない熟れきった中年なのです。仲間が欲しいのです。家族の時間が大事じゃないかとも言いますが、多分家族だけだと僕まだまだ足りないのですよ。なんだこの愛情不足不安症候群な青年は。いや違うオッサンだ。うーん、心身的には満たされてるんですけどね。Why?
 若干ニュアンスを変えて
 「もし仮に、心許せる仲間がたくさんいて、幸せな仕事をさせてくれる会社(例えば今の会社)で、タダ働きになるとしたら会社を辞めるか?」
 辞めません。会社に居る理由はまさに「人」なんでしょうね。まあ、今の職場に限っていえば、環境は最高ですし、仲間意識は痛烈に感じますし、最高の場所なので、それこそお金で代えられないものがを頂いていると思います。様々な「学びの場」を提供してくれている、と言うのもありますし。寂しくない、と言うか、目標を持つ人々の中に居るのが好きなのです。もしタダ働きになったとき、収入はどうするのだ、と言われそうですが、その辺はまあモゴモゴ云々。何とか食べていきます。ええ。毛は抜けそうですが。
 だったらボランティアでいいじゃねぇか、と言われそうですが、目的意識の違いなのでしょうね。資本主義のルールで戦えるのが好きなのです。
 等しい目標を持った仲間と共に何かを作り上げる、と言う作業が好きでたまらないのです。「学園祭の前夜症候群」と言うのか、甲子園を目指す部活動に憧れていた、と言うのか(野球したことありません)・・・。
 そして、生活費を求めて、ではなく、その姿を求めて仕事をしている限り、僕はお子ちゃまなのだと思います。年齢に関係なく。
 そう、仕事をする理由は経済面だけでなく、未成熟な気持ちの問題だと気がつきました。
 むしろ会社に属する理由は経済面以外が大きいと言うか。
 成熟して、一人真正面から風を受けて立たないと、一人前の男にはなれないですね。
 まだまだお子ちゃまスタイルでがんばります。
 好きなだけニートやるのも、お子ちゃまやるのもいいじゃない。(開き直り)
 きっとそのうち大人になるから。というか、満足するまでお子ちゃまやったら、いわゆる「大人」的活動があると信じてます。我慢して大人になったところで…ねぇ。
 そんなピーターパンな35歳。夢を見るために寝ることにします。