6月25日 Michael Jackson 死去。
 そのことを理解するまでかなり時間がかかりました。
 最近僕と親しくなった人はご存じないかもしれませんが、僕は大の洋楽ファン。(そもそも洋楽、と言う区分け自体好きではないですが、海外の、特に70’ 80’代に好きな曲が多いのです)
 特にBLACK CONTEMPORARY(この言葉古いな)、R&B系は祭囃子と並んで血肉になっています。MTVは欠かせない。中でもMichaelJacksonは、SteelyDanやPrince,Earth Wind &Fireと並んで僕の最も敬愛するアーティストでした。大学時代は友達とマイケル話だけで朝まで盛り上がることができました。パン!茶!宿直!(違う)
 92年、95年と来日するたびに東京ドームまで見に行きました。
 アルバムももちろん全て持っています。iPodにも全て入ってます。
 何曲かはカードを見なくても歌詞が書けるくらい聞き込んでます。
 スリラーをはじめ、PVも持ってます。(VHSだからもう見られないですが・・・)
 ディズニーランドで一番好きなアトラクションは未だにキャプテンEOです。
 はじめにマイケルのことを知ったのは87年のBad Tourのときです。
 当時僕はブラスバンド部に在籍して、マーチングをはじめ音楽とステージングに興味を持ち出していたときでした。何気なくつけたテレビにマイケルの日本公演が映っていて、その圧倒的なパフォーマンスに、「あんた一時間ほど口がポカーンと開いていたよ。(母親談)」といわれるほど釘付けになりました。本当に、一瞬で虜になったのです。
 その頃から20年、ずっとマイケルは生きてたし、新しい曲を生み出してくれていたし、いつもニュースになっていたし(良くも悪くも)、きっとずっと存在しているものだと思ってました。
 マイルスデイビスが亡くなった時も、フレディマーキュリーが亡くなった時も、いろいろと衝撃を受けましたが、今回のマイケルのインパクトは比較になりません。友人と話題に上った数、聞き込んだ量、ライブで衝撃を受けた量などが比類なく僕の中に入っているのです。
 マイケルの歌について語りたい事がたくさんありますが、まずは何より、好きな曲を伝えます。
 有名なThrillerもBlack and WhiteもBeat itも好きだけど、
 Rock withYou,Smooth Criminal,Billy Jeanも好きだけど、
 それ以上に、
 マイケルの中で僕がフェイバリットとして称える3つの曲があります。
 マイケルの真骨頂はゴスペルバラードにあると信じています。
 僕が人として踏み外さないための、規範にもなってくれている曲。
 LoveSongでも応援歌でも感情歌でもなく、ただ人として、
●Keep the Faith

●Human Nature

●最高峰はこの曲。題名は曲の後で。
3分18秒目からの階段を駆け上がるようなクライマックスに痺れます。

人としてのあり方、博愛、許す事、慈しみを感じる歌手でした。少なくとも僕には、彼にどんなゴシップが付きまとおうとも、上記のような歌が歌える人であればそれでもう信じるに足る人物でした。真実がどうかは関係なく、僕が感じたことが僕にとっての全てです。
 僕は大学時代合唱団に属していました。
 いくら「酒と女性に釣られて大学で合唱団に入ったんだ。本当は合唱なんて嫌いなんだ」と言い張っていても、心のどこかでは合唱の力を感じていたのだと思います。
 僕が最終的に合唱団に入団した決め手は、上記のような曲から感じていた歌の魅力、だったんだと思います。間違いなく。
 泣けてきた。合掌。