メリーグラディウス!
 いや違った。
 メリー沙羅曼蛇!
 どこから突っ込めばいいんだよ。と言う声が聞こえてきますが気にしないで進めます山本です。
 横シューと共に青春を歩んだ人、手を上げて!
 誰もいませんね。はい。すみません。
 そもそも横シューとは何かと言う説明からして必要な模様です。お前らそれでもこのブログの読者か!(違います)
 横シューとはその名の通り横スクロール型シューティングゲームの事です。
 古くはスクランブル、ディフェンダーから始まり、グラディウスという一大ムーブメントを引き起こした後、XEXEX、パロディウスと派生した(小一時間 略)
 で、だ。
 僕はゲームに関しては一夫多妻制です。僕が愛してやまないゲームは複数ありますが、深い愛情を10年以上注ぎ続けているものに限ると
 ・ダービースタリオン
 ・メトロイド
 ・悪魔城ドラキュラ
 ・グラディウス
 ・ファミコンウォーズ
 ・ファイアーエムブレム
 ・ビートマニア
 ・スナッチャー
 ・女子寮パニック / デゼニランド
 と、大体これくらいにまとまるわけです。どうにもコナミと任天堂に偏りますが、それが僕の趣味と言うことでしょう。
 皆さんが聞きたいであろう項目は多分一番下のモノだと思いますが、今日はそのお話ではありません。
 上記の中で横シューティングゲームは唯一「グラディウス」。僕はこのゲームを敬愛しておりました。
 先ほど自宅でのんびりとWiiをやっていたら、思わず「うっひょぉぉぉぉぉ」と奇声を上げてしまい、朝ごはんの後片付けをしていたうちのかみさんが体温計を持って近寄ってくる事態が起きました。
 『グラディウス2』や『沙羅曼蛇』などMSXのシューティングゲームのVC配信日が決定!
 このニュースに僕は飛びあがってひっくり返ってしまったのであります。
 マイナーな趣味を持ってると自覚してる場合、こういう感情の説明が本当にややこしい。冗長な前説明が必要になる。
 僕はグラディウスが確かに好きなのですが、グラディウスというゲームにはそもそもアーケード版、ファミコン版、PCエンジン版、X68000版とあり、更に続編に至ってはⅡと2の2種類があり(略)
 僕はファミコンっ子であると同時にMSXっ子であり、その中でもMSX版のグラディウスとはひたすら昼夜を共に過ごしてまいりました。当然ながら既にMSXの機体は無く、もはや再プレイの可能性も無いであろうと完全に「過去に別れた女(と書いてヒトと読む)」状態だったのですが、いや、もう、こりゃヤケボックリに火がついた土頃じゃないですよ。今でも大好きなんですから。いいんです。一夫多妻制ですから。
 と言うわけで僕がグラディウスの中でも特に好きなのがこのMSX版の「2」と「沙羅曼蛇」と呼ばれるバージョンなのです。
 ただこれだけのことを言うのにどれだけかかってるんだ。
 こういう語り口がマニアっぽいと呼ばれるゆえんなのだ。(呼ばれてません)
 早速本日、グラディウス2を購入。沙羅曼蛇は12日配信だそうで、それまでちょっとお預けです。
 この年になってもう一度MSX版を大画面でプレイできるなんてもう幸せすぎるんですが。


・スクロールができずに画面がかくかく動くところまでリアルに再現してあってよろし。
・オープニングのヴェノムの登場だけでもう涙でそうでしょうがないですよ。
・1キャラクター1色の時代に良くこれだけ表現できたなぁ。
・にしてもSC音源、今聞いても綺麗。特に立ち上がりのアタック音が滑らか。
・そして相変わらず4面の隕石で煮詰まる。
 ゲームに関しては懐古趣味といわれようがなんだろうが気にしません。好きなものは好きなんですから。
 そしてこの話題で共感してくれる人は多分1名しかいないものと思われます。長野にいる君だ。一緒に塾が終わった後ひたすらジョイボールで共にプレイしただろう。信長の野望や大戦略と同時に。
 そして僕はこの勢いでMSX+コナミ→スナッチャーを思い出し、思わずブレードランナーのDVDを引っ張り出して夜な夜な見てました。早くWiiVCでスナッチャー出ないかな。