ろくでなしブルースは週刊少年ジャンプ黄金期の名作ヤンキー漫画です。が、僕が惚れ込むろくでなしは前田太尊のようにオトコらしい素敵なナイスガイではありません。
 
 
 
 
 
 最近、ひたすらに映画づいてまして。それほどハイペースではありませんが、一日一本くらいDVD鑑賞を楽しんでます。仕事帰り、自宅についてはまず一本。あるいは映画館で1本。高校時代を思い出すような映画の毎日です。
 僕にとっては、映画は娯楽の兄貴分、です。
 80年代に中高生を経験した僕らの世代は、本当に娯楽に満ち溢れてました。幼い頃から、プラモデル、ゲーム、ラジコン、テレビ、映画、音楽、漫画・・・バブルと重なる部分も含めて、飽食の娯楽を満喫していたと思います。あわせて、それぞれ個人によって娯楽のノスタルジーを感じるポイントも、大きく分かれている世代とも思います。
 僕にとって、娯楽の王様は何よりゲーム。ゲームばっかりやってた中学高校生でした。
 ゲームの話は今日の本題ではないので割愛しますが、そのゲーム自身が憧れ、表現技法を盗み、成長の糧にしていた娯楽が、あの当時は映画だったと感じています。
 当時の映画・・・バックトゥザフューチャー、ターミネーター、エイリアン、ゴーストバスターズ、グーニーズ、ポリスアカデミー、ロッキー、ドラえもん、スタートレック、スターウォーズ、バットマン、etcetc・・・。映画自身もこれでもかと言うくらいの娯楽を僕らにたたきつけてくれた時代です。
 その映画からワザを盗んで(決して映画的な表現になってる、とか言う意味でなく)、人を楽しませるテクニックを磨いていたゲーム。僕は映画もゲームも好きでしたが、その順列で言うとゲームは本当に恋人。映画はそのお姉さんにあたる、敬意入り混じる憧れの存在だったのです。
 そんな話はさておいて。
 その意味で映画ブームがあるのは僕の中でよくあることです。近所のTSUTAYAに行ってはレンタル、購入とがさがさとあさりまくる毎日です。
 特に今は80~90年代映画ブーム、久々に見るものや、当時見そびれたものをまとめて借りこんでいます。ここ2週間で見たものから面白かったものを抜粋すると・・・
 ダークナイト、攻殻機動隊、ファイトクラブ、レザボアドッグス、マッドマックス、ダークマン、3-4×10月、タワーリングインフェルノ、タクシードライバー、炎のランナー、兵隊やくざ、網走番外地、広島の抗争、麻雀放浪記 etcetc・・・。
 
 並べるだけでも偏ってるのがお分かりかと思いますが、そうです、今日の本題。「僕はろくでなしオトコが登場する映画が大好き」なのです。今日はろくでなしについて大いに語りたかったのです。
 が、あまりにも前文だけで長文になってしまったので、本題はまた後ほど。
 ちなみにやくざ映画だからってろくでなしオトコが出てる訳じゃないぞ。おやくざさんとろくでなしは全く別次元でのオトコの在り方です。
 今一番僕が惚れ込んでいるろくでなしは鹿賀丈史演じる”ドサ健”。後日また暑苦しく滔滔と語ります。