何度も書いていることですが、ここは僕の個人的露悪趣味ブログではなく、あくまでもアメリカのバンド「Steely Dan」のファンサイトです。10年前からそう言い続けています。皆さん聞いてますか。
 そう受け取ってくれている人は閲覧者の一割も居ないでしょうが。
 いいんです。先進めます。
 今日はちょっとポエミィなRoyalScamです。
 
 僕の大好きな名曲 「Peg」。
 アダルトでジャジーで、良質なコラボレーション。
 SteelyDanの楽曲は、基本的にあまり遭遇することの少ないシチュエーションの歌詞や、あり得ない様なラブソングが多いです。「ハイチ式離婚」だの世界チャンピオンの精神世界が崩壊するだの、大人の小道具を使った中二的世界。
「Peg」も同様。歌詞はいつもながらにシニカル。
—————————
【原詩】
I’ve seen your picture
Your name in lights above it
This is your big debut
It’s like a dream come true
And when you smile for the camera
I know they’re gonna love it
I like your pin shot
I keep it with your letter
Done up in blueprint blue
It sure looks good on you
So won’t you smile for the camera
I know I’ll love you better
—————————
和訳
君の写真を見たよ、
写真の上に、君の名前が光ってたね。
君もついにデビューしたんだね。
夢がかなった、と言っていいかな。
カメラに向かって微笑む姿、
みんな君のこと好きになると思うよ。
君のピンナップも気に入ったよ。
君の手紙と一緒に取っておくよ。
blueprint blueだね。
君、良い表情しているよ。
カメラに向かって微笑んでごらんよ。
君のこともっと好きになりそうだよ。
—————————
 一見、何ということは無い歌詞。
 いろんな解釈があります。昔の知り合い、別れた彼女、恋焦がれた人、が、夢をかなえて銀幕デビューした、それをポスターや映画で見て追想している男、という歌です。うん、いいねぇ。大人になるとはこういうノスタルジーを感じることです。
 が、この歌詞にはトリックがありまして。
 ポイントになるのはblurprint blue、の部分。
 blueprintの意味は・・・「人生の青写真」あるいは「ポルノ映画」
 このどちらをとるかで、この歌詞の解釈が大きく変わります。
 1・古い恋人の君が、人生設計どおり、銀幕デビューしたのを見たよ。
 2・可愛い君が、ポルノ映画で活躍しているのを見たよ。
 このダブルミーニングを同時に軽やかに歌い上げるのがこの曲です。
 どちらの解釈かで、歌詞の中の「It sure looks good on you 」の味も全然変わります。
 そう、このシニカルな変調加減こそがSteelyDanの魅力。
 Blog始まって以来初めて正しいSteelyDan論を語ってる気がする。
 で、一般的な分析はそこまでとして。
 最近、ヨシナゴトの中で、この歌詞を深く堪能できる事がありました。
 そう、知る姿を画面に見ながら、物思いと、倒錯した恋慕に耽るような出来事が。
 ・・・あ、だからって、さすがに昔の恋人がポルノスターになるような出来事は起こり得ません。そっちじゃない方の解釈です。残念ながら。
 彼女の姿を見てて、応援すると共に、切ない感情も僕に渦巻きました。
 自分の矮小さや、小さな独占欲や、平静を保とうとする理性。
 大人になるって、こういうことなのね。
 新しく味わえる感情。楽しい欲求と激しい理性。それを客観的に堪能する自分。
 大人になってたつもりでも、バランスを崩しそうになりました。自分らしくも無い。秋だから感傷的になってるのかもね。
 生きてるのは、甘酸っぱくて、楽しいものです。