42歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたい12のこと・10~12

 ずっと前にやり始めて、終わらせてなかった。コレです。
42歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたい12のこと・1
42歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたい12のこと・2
 残り3問ほったらかしのまま、1年近く経っちゃいました。ごめんなさい。
10. 友人とのつながり
 それは今でも大事にしてると思う。つか、大事にしすぎ。むしろ依存。
 依存と大事にすることはまるで違う。それに気づくのはだいぶ経ってからなんだよな。
 曰く「金の匂いがしない」「金を信頼して任せる気がしない」といわれる僕ですが、それはそれとして、損得や見得と関係ない、信頼の置ける関係性、それだけを基調に生きてきたといっても過言ではない。
 
 もちろん僕だって人間だし、更に言うと駄目人間の部類にずぶずぶに浸ってしまう側の人間だから、繋がってもらえてる相手側からしたら迷惑な話かもしれないけど。また大事にしてると思うのは自分の自己満足かもしれないけど。約束守ってるとはあんま思えないし。義理果たしてるとも思えないし。どう見ても大事にしてるとは言いがたいかな。駄目じゃん。わはは。まあ、良いか。
 でも、人と接する中で、大事にしておかないといけない意識、は持っている自覚はある。
 それは、思いがけないほど、人は傷つくし、復活に時間が掛かるし、プライドがある、ということ。
 22歳の自分に言いたいコト。君のプライドやバランスとは他人は違うから、「自分だったらどうするだろう」でモノ考えちゃだめ。全く当てにならないから。君の考え方、良くも悪くも人と違うから。人はもっとお金を大事にするし、身の回りのことに丁寧だし、適当じゃないから。君の100万倍丁寧だから。
 あとその寂しがりの癖。他人はもっと自立してるから。自分が寂しいから他人も寂しいだろうで判断すると、距離感誤るぞ。
11. 給料が高いだけの理由で仕事を引き受けてはいけない
 そもそも給料の高い仕事を引き受けたことが(以下略)。
 給与、お金、というものに対して、それは「大きくなってから結果として自分に帰ってくるだろう」という意識を持っていた。持ったままはや30代後半。いい加減、返ってこいよ。そもそも大きくなってから、なんて自分が成長する前提で考えてることがおこがましい。
 そして、その考え方が、間違ったことをしていたとは思わない。でも、もう少し早くリターンを得るコトを意識しても良かったんじゃないかな、と思う。得たリターンを更に自己成長に使うサイクルをまわしていれば、少しは変わった成長を遂げられたのかもしれない。その意味で、22歳の自分には、もっとお金にがつがつしてもらいたい。
 全く何も出来ない自分として、今と昔、代わらない武器といえば唯一つしかない。回復力、それだけだ。22歳の自分はその武器に早く気がつけ。フットワークが軽いなんてニンマリしてる場合じゃない。もっと軽く、もっと傷つけ。おまえは傷ついてもすぐ復活できるのだから。びびってんじゃない。そして馬鹿だから。修羅場に入って傷つく以外の方法では何にも気がつかない馬鹿だから。もっと動け。死にそうになれ。馬鹿だからすぐ復活できるから。それだけだから、君の能力。もっとその長所を生かせ。そして、そのリターンを死に物狂いで手に入れろ。
 タイトルとむしろ真逆のような結論だけど、実際はそんなに間違ってないと思います。
12. 信用はしても確認をする
 あー。無確認野郎。これは今でも直さないといけない。信頼する=確認しなくていい、いいじゃねえか俺とお前の仲なんだから。これすごい危険。そして何より怖いのが、まだこれで痛い目を見てないこと。20代で痛い目見るのと40代で痛い目見るのは大きく違うという認識はあれども、まだこの怖さを肌身で感じてないゆえ、どこかで裏切りやねたみそねみひがみといった信頼を転覆させる事変が起きる可能性がある。それは22歳の自分どころか、今の自分にさえ言い聞かせないといけない。
 確認をする。それだけでいろんなことが解るんだ。その一言だけ。それだけを22歳の自分に伝えます。それ以上は、僕もいえない。一緒にこの世の中で勉強していこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください