ちょっと、富山に戻ってました。ええ、新春のご挨拶です。これまで挨拶を疎かにしていたことがどれだけ僕を不義理者にさせてたか。いかんですよ。ええ、もう40だし。本当にこのままの大人ではいかん。信頼と実績の山本でございます。
実家に帰り、ちょっとふらっと街中を散歩に。

北陸の冬は形容し難い。たとえ雪が少ない年だとしても。空が低い。稜線が高い。冬という季節に対して想う景色は異質だ。ここで育ったのである。そして僕らが中学生時代から存在している小矢部川沿いの「ホテルセピア」は今宵も営業しているのであった。

雪が無い、と書いた三時間後に、もう積もった。もうやだこの国。

冬の富山の良いところ。味覚の満足度に敵う場所無し。氷見の寒ブリ大トロ、とり味噌鍋、能登の米、昆布締め、エトセトラ。実家へのご挨拶のつもりが、もてなされてしまった。弟夫婦も交えて、大きな家族と大きな料理。来月にはもう一人増える予定だしね。

その翌日。お店には出てこない富山家庭料理。昨晩残った鰤の刺身と、鯛の切り身を一晩醤油と日本 酒に漬け込みほぐしたもの、更に山椒を加えてお茶漬けに。

関東、千葉に移り住んで14年。ふとした時に覚える違和感は「山脈が無い」こと。富山の全域は立山連峰に見守られ、それこそ富山の自然環境から食生活、天候の全てまで立山の思し召しで創り上げられる。(オカルトでなく、地勢的にそうならざるを得ないのだが)その意識は、もはや「立山信仰」としてwikipediaに載るレベル。それ故に「背に山脈が居ない、護られていない」と感じる心細さもまた一入な訳で。 今日は天気も良く、一連の山々が姿を見せてくれました。そのうちに、また登山したいですね。雄山神社に向かうあのルートで。

そんなこんなで、年始のご挨拶、実家に戻って居りました。今回、ばたばたと実家、弟夫婦へのご挨拶となり、お顔出せなかった皆様、大変失礼致しました。改めてご挨拶させて下さい。 写真は伏木神社。昨年九月にも戻れませんでしたので、今回遅い初詣となりました。 湊町の方々にも、本年改めて伺わせて頂きたく思います。今年も、宜しくお願い致します。