休憩中。自分の映像制作環境を考える。
今は数十万で相当な機材をそろえられる環境とは思うものの、僕がやってきた仕事内容ではなかなか勝手が違って難儀する。
僕がこの会社に来る前、10年近く自宅でやってきたのは、むしろ映像屋というよりエンコード屋。マシン数台を用意して毎日がしがしとエンコードして、カメラのぶれてるところとかNGテイクを抜く、いわば「素材管理・オフライン管理」的な仕事が中心。映像仕事の地味な部分を裏方として引き受けてきたわけだ。しかも時代性もあり、ここ10年はずっとWinマシンで対応してきた。
しかーし、時代は変わり、エンコード屋としてはCodecでProresはいまやどうしても外せない。しかも、待てども待てどもProresはWinに対応してくれない。「腕があれば何とでもなるんだよ」とはいかない業界標準の問題。趣味とはいえ、我が家にあるWin数台を手放して、MacでProresの環境をそろえるだけでも相当手痛い出費になるわけだ。FCPに乗り換えたら、これまでのTrapcodeとかも一から構築しなおしなわけで。そんな金あればGH4や一脚や周辺機材揃えたいぞ。
今回、また仲間たちと楽しい事を始めるにあたって、改めてProresが必要になりそうな気配。うーむ、MacPro買ってしまいたいぞ。一台だけ買っちゃおうかな。(悪魔のささやき)芋づる式にFCPも。
と思えば時代はDNxHDに移りつつあり、しかも4k対応が非対応でまた別のものになりかねないと。追いつくだけでも大変だ。
あと、標準がMac+PremiereCCになりつつあるという嬉しい情報もあるものの、やっぱり機材としてはMacを買わないといけないのね…とじっと財布を見る。
自宅に第二スタジオ完成。というかかみさんの部屋に映像制作ブースをもう一つ造っただけですが。4kには追いついてないですが、5年前位の「枯れた技術」専門ブースとして機能させます。その分僕の部屋は実験室になります。GH4欲しいなあ。
そういってる間に自宅に第二スタジオ完成。というかかみさんの部屋に映像制作ブースをもう一つ造っただけですが。4kには追いついてないですが、5年前位の「枯れた技術」専門ブースとして機能させます。その分僕の部屋は実験室になります。GH4欲しいなあ。