Marcus Miller Projectの話

古い話なのですが、一人でも共感してくれる人が居ると信じて。
僕はとにかくMarcus MillerというベーシストとDavid SanbornというSaxプレイヤーが大好きでして。(大好きなものが多すぎます)
90年代初頭(高校時代)はそれこそ来日ごとに追いかけてました。
その中でも、今は無きJazzフェス、Live Under the Sky’92のオオトリは珠玉のライブでした。未だに僕のベストライブはこの「Macrus Miller Project」です。
その時の音源は、いまや日テレで後日放送されたこともあり、一曲を除いてYoutubeにも多くあがっています。「Sn
akes」や「Ramblin」「Strait to the heart」。今聞いても全て涙がちょちょぎれます。
そしてMarcus & David Sanbornファンなら当然「あれ、あの曲が無いの?」と思われる曲。それこそが、唯一放送されなかった「Run for Cover」です。
91年にもこの曲は演奏され、そちらも名演でした。そちらはYoutubeで素晴らしいパフォーマンスを見られるのですが、92年のハイアレンジ版は全く手に入らず、僕もあきらめてました。
今日、散歩中にYoutubeを見ているとふと「run for~’92」という文字が見え、再生してみるとこれが見つかるじゃないですか!思わず小躍りしながら散歩しました。
今見ると、思い出補正が掛かっているからか、それほどテンポが速くなかったんだなーとか、それでもオマーのドラムはめっちゃ跳ねてるなー、とか、セスが何気にめっちゃいい仕事してる、とか、ここにもしハイラムが居たら壊れてるだろうなーとか、いろいろ想像してしまいます。
そんなわけで、ご興味深い、Jazz&fusion&Funk好きな方に向けて。
Run for cover ’92 です。
s.David Sanborn / Key.Phillipe Saisse / Key.Derom Johnson / G.Dean Brown / B.Bcl.Marcus Miller / Ds.Omar Hakim / Perc.Don Alias
Michael ‘Patches’Stewart

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です