一夜明けて、今宵も熱狂冷めやらず。

(昨晩から今宵までの間に撮影や編集やナレ録りや明け方ファミレスや一蘭や、いろんな仕事をしちゃったけど。その全てが熱狂。)

オペラ団体イ・カントーリ第六回本公演「ドン・ジョヴァンニ」無事盛会のうちに終了いたしました。

若い頃に合唱をやっていた縁が、まさか20年の歳月を経てここにつながるとは誰も思ってませんでした。が、実際に歌っちゃってるんだから仕方ない。気がつけば今年2回もオペラの舞台に立たせていただきました。全然練習に出られなくて本当に申し訳ないのだけど。でも楽しいからまた遊びに行くのです。遊びとは本気を指すのです。本気で軽やかに遊ぶのです。ほら、恋もそうでしょう。なんたってドンジョバンニなのですから。

ここ2年、講師業やラジオをさせてもらったり、人前で挨拶をさせてもらう縁ができて、自分の声に疑問を持ち始めた頃、うっかり合唱団時代の後輩に相談したところ、気がつけば僕はここにいました。

そして、まだまだ声を鍛えるのは時間がかかりそうなのです。すなわち、オペラとの縁も深く長くなりそうなのです。

まだまだ、いくよ。
もっともっと、僕は楽しむよ。
The world, Thank You For Loving Me!