先生は偉くない

先生は偉くない。先生はただの役割である。

が、同時に受講生からの「師」としての視線を否定してもいけない。

偉くないが、師としての姿を裏切らないよう、自分の言動を律さなければいけない「損な役割」です。

だから、その…「先生になりたがる方」というのを、その、あまり、信頼するには時間がかかる。「この方本当に損な役割理解しておるのかな」と。

その上で、先生の役回りを十分に理解して、その役回りを粛々と引き受けている方を「せんせい」と呼びたい。「辛い役割ですね」という労いを込めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください