真剣はいけない

真剣はいけない。真剣はよろしくない。

なにより、そこにゆとりがない。

ゆとりがないものは、格好良くないし、見栄えも悪い。

そして真剣であることを盾にとって

「真剣だから、本気だからやってよいのだ」という破綻したロジックで自己正当化しはじめる。

真剣にやっちゃダメだろう。ヒットラーだって毛沢東だって真剣だったのだ。

仕事もそうだが、特に恋愛など「真剣ほどよろしくない」最たるものである。

何事も、適当が良い。

適当に仕事をして、適当に恋愛をしよう。

適当というのは、適して当る、最もよいバランスだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください