はじめは「人の日記帳など誰が読むのだ」などと思って馬鹿にしていた
ホームページ上の雑文記録だが、いやまあ、これが面白いんだわ。
いやもちろん、書き手によってどうとでもなるというのが本音のところだが、
このページのデザインをちょこっとかっぱらわせてもらった某団長様
のページとか、ぶたさんのところとか、ちょくちょく(というか毎日)見に行ってる自分がここにいるのだ。

 もちろん、彼ら彼女らが素晴らしい書き手であるがゆえに面白いというのは認めているのだが、自分もそれにあやかって
いい日記を書きたくなった、というのが本音かな。

 まあ、ともあれ書き始めたので、読んでもらえれば、うれしいな。