これは当たり前だ。男子たるもの、マウンティングが本懐に決まっておる。(by泉修一)

いつか別書きしたいと思っているのだけれど、ランパブで働いていた時、日々目の前で様々なマウンティングが繰り広げられるのを拝謁し「マウンティング男子」の健気さいじらしさに心打たれたものでした。(そして閉店後は女性のマウンティング合戦が始まるのだがこちらは怖すぎて聞いてられなかった)中年になろうが老人になろうが社長になろうが政治家になろうが、若い子の気をひく為に、そして社会で賞賛を浴びる為に、男はどんなポジションにいようともすべからく「俺すごい」「俺すごい」「俺すごい」「俺すごい」をなんと衒いなく戦わせることか。女性のマウンティングを緻密な情報外交戦略とするならば男子のマウンティングはただの殴り合い。

それがまた愛おしくも、衒いを感じる自分の幼さに辟易するのです。子供の頃にもっと背伸びしてマウンティングに参加して、礼儀作法を知っておけばよかった、と感じるのです。

もっと見る

「この頃、都に流行るもの」で始まる『二条河原の落書』。室町時代、京都の二条大橋付近に掲げられたとされる落書(風刺文)である。そのなかに「賢者ガホナル伝…
CITRUS-NET.JP