音と動きの関連性を追求する講座、チューンオブモーション。

カリキュラムを開発、そして授業を担当させてもらって、明日は2クール目、4回目の授業。
何もないところから、自分の現場経験とアカデミックな知識収集を合成してノウハウを積み上げて作り上げた講座、と、個人的に愛情深いコンテンツです。

この講座のベースとなった「デザインフォーモーション」も含めて、自ら楽しんで開発・登壇しているコンテンツです。

自分自身の得意分野と言えるソフトオペレーションを封印して、一切オペレーション授業を抜きに、演出と知識、実践手法を伝えています。

http://hlywd.co.jp/bynd/2017/08/04/smd_tune01/