壁紙を張り替えています。自分の手で貼っています。

それがどうした。と言われそうですが、僕にとっては大きな変化なのです。僕
この運動神経皆無。そして手先不器用、アナログ道具の扱い方が全く無頓着、日曜大工料理洗濯一切ダメ男…そう、僕はこの年まで、料理も洗濯も日曜大工も、一切の手先作業というものを行ってこなかったのです。44年間どうやって生きてきたというのでしょう。でも、真実なのだから仕方ない。その僕が壁紙の張り替えですよ。一体どうしたというのか。(継ぎ目が甘いのはご愛嬌)

「人として出来る様にならなければいけない」「ちゃんと自分の身の回りくらい自分で片付けられる様にならなきゃいけない」なんて一般論は僕の範疇にはない。そんなもの、僕レベルの駄目人間になれば、人様に甘えて生きていくことだって(略)はいごめんなさい許してください。
でも、その視点とは別に「ひょっとしてこの作業は楽しい世界かもしれないぞ」と思い始めたのです。

最近、撮影小道具を自作したり、ちょっとした手作業を自分で行ってみたりと、少しづつ自分のできる世界の幅を広げています。ほんの僅かな新しい発見が、自分自身に大きな変化をもたらしています。これまで一切自分から排除してきた世界をあえて自分に吸収することで、自分自身に見えている世界が、また少し広がっています。
「おまえの活動範囲を拡大しろ。通ったことない道で帰ってみろ。寿司をためせ。ピンボールをやれ。ネットしろ。水彩画を描け。パイを焼いてみろ。毎日、なにか新しいものを試すんだ。」
そしてもちろん、張り替えた壁紙の上には、大事なBYND卒業式の写真、家族の写真、仲間の写真、祭りの写真を貼っています。僕はこのみんなのために、まだまだ頑張っていかなければいけないんだと、自らを鼓舞するために。

自分の世界を広げて、それをまた楽しく人に伝えていかなければいけないんだ。この世界はとっても愉快で幸せで、素敵なものなんだ。

まずはまだ僕の知らない、素晴らしい世界を、たくさん吸収したいんだ。ただ、ワクワクして、大人のやっていることを「僕もやる!」といって真似をしている5歳児に過ぎないんだ。

生きるなんて、そんなものだ。