「かつげるような軽いモンじゃねえんだよ!」
「車輪が付いてるなんて邪道もいいところよ!」
 と、わたしら夫婦が長年お互いに意見を譲らない事象。それは「けんか祭りは神輿と曳山どちらがふさわしいか」
 どっちでもよいわ。と云う意見が日本国民の大多数であることは承知の上ですが、たまたまうちら夫婦はどちらも日本きっての喧嘩祭りを率いる町に生まれた者同士。喧嘩囃子を子守唄に育った両人のため、どちらも「自分の地元の祭りこそが喧嘩祭りである」と言って聞きません。
 わが地元、富山県に伝わる地元の魂。「喧嘩」の名称をつけることを許された祭り「伏木けんかやま」

 片やかみさんの地元、愛媛県新居浜市に伝わる日本三大喧嘩祭りの一つ「新居浜太鼓祭り」

 ひたすらエネルギーの限りぶつけるぶつけるぶつける!
 とは言うものの、どちらもそんなに死者は出ないんですよ。祭事ですから。僕もこの目では一人しか死者見てません。
 全く日本の経済活力にも産業復興にもつながらない全く無駄な(※ほめ言葉です)エネルギーの無駄使い(※ほめ言葉です)。祭りとはこうでなくては。その点ではかみさんも僕も全く同じ嗜好をしていて、二人とも祭りが好きなのですが、どうにも夫婦の間の喧嘩の種にもなってます。
 というか、こういう祭りって全国にあるものだと思ってました。世の中全ての人がエネルギーを発散する喧嘩祭の中で生きてきたと思ってたのですが、実は少数派らしいですね。上記のような祭りを紹介すると「僕の地元にはありませんでした」とか「知らない世界でした」と云う方が結構多く、びっくりしてます。みなさんどうやって理性を保って生きてきたのでしょうか。僕は年に12回ほどは祭りで頭の箍を外さないとストレスで発狂してしまいそうですよこの世の中は。
 何を書きたかったのか忘れてしまったので今日のオチはなしです。新居浜太鼓祭りと伏木けんかやまの紹介と云うことで。