こんばんは祭キチガイの山本です。今日は秩父に来ています。当たり前です。今日は秩父夜祭です。冬の花火と曳山のコラボが見られるのはココだけです。職業は祭り映像屋です。でも今日は寒すぎるのでiPhoneで撮ります。山本です。
10411729_999406623409192_2981251272067528719_n.jpg
かれこれ15年近く、秩父夜祭を見続けています。
キッカケはとても解りやすく、26歳の頃、仕事で「秩父祭り会館」の展示映像のお仕事を引き受けて、その魅力に浸かってしまったから、です。
その当時はまだ富山に対して庵日馬連と(なんだこの誤字は。アンビバレント)な気持ちを持ち続けており、同様に祭りというものに対しても疎遠になっていた頃でした。そう、この僕でも、祭りから離れていた時期があったのですよ。今からは信じられませんが。
でも、その時に演出補として秩父夜祭の演出をサポートしたとき、いろいろと僕の中の「祭りエキス」が沸騰してまいりまして。
その翌年からかな。富山の曳山を見に、5月に戻るようになったのは。ちょうど、今のかみさんと結婚する直前直後くらいです。
秩父夜祭が、僕の祭り熱を再沸騰させてくれました。その縁が、今、僕を湊町の一員にしてくれて、またフリーランスとしても祭り映像の仕事で幅の広い(狭い?)ご案件をお願いされることも多くなってまいりました。本当に、これは感謝しかないのです。
そういうわけで、今日も夜祭観光です。行きに3時間、現地で1時間、帰り3時間。もう疲れました。そして寒い。祭りがなければ12月にこんな山奥来ません(失礼)。
でも、祭り自体は相変わらずホットホットで、僕自身もまた明日からの活力をいただきました。なんででしょうねぇ、あの囃子を聞いてると、僕はそれだけで幸せになるのです。